JUGEMテーマ:遊戯王
禁止制限リストが昨日出たようです。
昨日は早く寝てしまったので出ていたことすら知りませんでした(汗)
まずはそれをおさらいしてみましょう。

禁止カード
・EMモンキーボード
・ラヴァルバル・チェイン
・ライフチェンジャー

制限カード
・EMドクロバット・ジョーカー
・EMペンデュラム・マジシャン
・クリッター ※エラッタあり
・サウザンド・アイズ・サクリファイス
・爆竜剣士イグニスターP
・彼岸の悪鬼 スカラマリオン
・彼岸の旅人 ダンテ
・魔界発現世行きデスガイド
・竜剣士ラスターP
・緊急テレポート
・真帝王領域
・汎神の帝王
・ペンデュラム・コール
・マスク・チェンジ・セカンド
・名推理
・モンスターゲート
・揺れる眼差し
・竜呼相打つ

準制限カード
・超再生能力

無制限カード
・グローアップ・バルブ
・クリバンデット
・D-HERO ディアボリックガイ
・水精鱗−ディニクアビス
・精神操作
・月の書
・封印の黄金櫃
・闇の誘惑
・竜の霊廟
・死のデッキ破壊ウイルス


EM,EM竜剣士,彼岸,帝など様々な上位デッキが規制されました。
これによりほかのデッキも台頭してきそうです。
これだけ規制されれば面白くなりそうです。


昨日記事にしたクリッターですが、早速パーフェクトルールブック2016にて再録が決まりました。
エラッタがなされ弱体化されるので採用率に影響が出そうです。

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
「クリッター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 Г海離ードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。

エラッタ前のテキストと違い
ターン1制限と回収したカードをそのターン中に使用できない制約が追加されています。
これによりだいぶ弱体化していますね。
手札誘発カードを回収するには問題ないですが、直後に動くカードを回収しようとする場合は遅れるので痛いですね。


規制されたカードの価格は大きく下がり、緩和されたカードは需要が上がって高騰するのは容易に予想ができ、すぐに相場に現れそうです。
クリッターやサウザンドアイズサクリファイスなどは目に見えて需要が上がっています。
またD-HERO ディアボリックガイも一気に需要が上がっていますね。
変わったところでは命削りの宝札がものすごい値上がりを見せています。

⇒気になる相場はこちら


今後注目すべきなのは緩和されたカードや規制されたカードによって採用率が変動して価格が変わりそうなカードですね。
直接的に影響を受けるカードと違い、相場に影響が出るのは数日遅れるため情報判明後でも回収しやすいです。
そういったカードに目を付けると良いかと思います。

本日はそういったカードをチェックしていくつもりです。
また記事にする予定なのでお待ちください。

今回はこれにて。