JUGEMテーマ:遊戯王

レイジング・テンペストで登場した十二獣ブルホーンと十二獣ドランシアについてです。

これらのカードの相場を調べてみました。

 

まずは十二獣ブルホーンから

 

 

 

 

 

 

 

十二獣ブルホーン

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。

 

↑スーパー

 

最近になって徐々に値上がりしています。

通販サイトでは800〜900円くらいですね。

 

ヤフオクではスーパー700円、シク1200円くらいです。

 

 

続いて、十二獣ドランシアについて。

 

 

十二獣ドランシア

 

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

↑ウルトラ

 

安く販売しているところもあるようですが、だいたい500〜600円くらいです。

あまり上がっていないようにも見えますが、取扱店舗数を見ると需要が上がっていることが分かります。

 

 

↑2〜3週間前と比べてどんどん減ってきていることが分かりますね。

 

ヤフオクではウル、レリが500〜600円くらいになっています。

以前は400円くらいが多かったので、徐々に値上がりしています。

 

ブルホーン、ドランシアの2枚の需要が最近になって上がってきています。

理由は十二獣が大会での採用率が非常に高い影響でしょうね。

大会では十二獣を投入したデッキが上位を独占しています・・・。

エクストラ部門での採用数も十二獣がぶっちぎりで1位になっています。

 

今後もしばらくは採用率が高いままであることが予想されるため、更なる値上がりが考えられます。

ドランシアに関しては元が安いので、まだ安く売っているところもあるでしょう。

安ければ確保しておいた方が良いでしょうね。

 

 

過去のカードですとNo.107 銀河眼の時空竜やダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンは初動は安かったものの1000円を超えて高騰しましたし、最近ではクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンも高騰しました。

同じくウルトラレア枠で初動が安くて上がり続けているという意味では似てるので、いつか1000円を超えてもおかしくないかなと思っています。

効果は優秀ですし、1枚のカードでエクシーズしてしまうインチキカードですからね・・・。

 

十二獣が規制されたら怪しいかもしれませんが、そこはまだ登場していない3枠の十二獣に期待ということで。

4月から新シリーズへ移行しますし、9期のパックが再販されなくなってからが本番でしょうかね?

でも買取募集を見ると高騰するのは時間の問題のような気がしなくもない・・・。

どうなるかは分かりませんが、個人的には注目しています。

 

強化買取募集は下記の通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記のように強化買取が増えています。

他にも募集がたくさんあったので、かなり売れていることが分かりますね。

 

ドランシアはウルで700円買取、ブルホーンはスーで900円買取がありますね。

 

これらのカードは今後どうなるでしょうか・・・。

 

今回は十二獣ブルホーンと十二獣ドランシアの相場情報でした。

 

 

⇒マキシマム・クライシス BOX 予約受付中!