JUGEMテーマ:遊戯王

 

2016年発売のVジャンプ付録カード相場まとめ

2016年に発売したVジャンプ(2016年3月号〜2017年2月号)までの付録カードの相場情報です。

発売日を基準とした1年間でまとめました。

この期間で発売したのは『月光紅狐』〜『破壊竜ガンドラ−ギガ・レイズ』までです。

毎月付録があったので、計12枚をランキング形式でまとめてみました。

またおまけで定期購読カードや応募者全員サービスカードについても触れています。

 

早速見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

第12位!

クリスタル・ドラゴン(2016年7月発売)

 

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2500/守1000
(1):1ターンに1度、このカードが戦闘を行った自分ターンのバトルステップに発動できる。
デッキからドラゴン族・レベル8モンスター1体を手札に加える。

 

Vジャンプ(2016年9月号) 付属カード VJMP-JP120 KC-Rare

 

レート:50

 

効果が使いづらくて評価が低い上に、この月のVジャンプは応募者全員サービスがあり、かなり売れました。

他のカードに比べて流通量も非常に多く、ほとんど価値がなくなってしまいました。

2016年に発売したVジャンプ付録カードとしては一番安いですね。

 

 

第11位!

沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン(2016年6月発売)

 

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 500/守1500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「サイレント・ソードマン LV3」または
「サイレント・マジシャン LV4」1体を手札に加える。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
自分フィールドのモンスター1体のみを対象とする魔法カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
(3):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
自分の墓地の光属性の「LV」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

Vジャンプ(2016年8月号) 付属カード VJMP-JP117 Ultra

 

レート:100

 

デュエリストパック-王の記憶編-で強化されたサイレント・マジシャンやサイレント・ソードマンの更なる強化カードとして期待されましたが、実際には効果が弱くほとんど使われることはありませんでした。

イラストで需要があるらしい(?)です。

個人的には好きなデザインではないですね・・・汗

 

 

第10位!

創世の竜騎士(2016年2月発売)

 

効果モンスター
星4/光属性/ドラゴン族/攻1800/守 600
「創世の竜騎士」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードのレベルは相手ターンの間4つ上がる。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
デッキからレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。
(3):手札を1枚墓地へ送り、
自分の墓地のレベル7・8のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを墓地へ送り、対象のモンスターを特殊召喚する。

 

Vジャンプ(2016年4月号) 付属カード VJMP-JP113 Ultra

 

レート:100

 

ストラクチャーデッキR-巨神竜復活-との相性で注目されはしましたが、実際にはほとんど使われませんでした。

(2)の効果は戦闘を介さなければならないですし、(3)の効果はアドバンテージの損出につながるので地味な印象ですね。

 

 

 

 

第9位!

月光紅狐(2016年1月発売)

 

効果モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻1800/守 600
(1):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで0にする。
(2):自分フィールドの「ムーンライト」モンスターを対象とする
魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その発動を無効にし、お互いのプレイヤーは1000LP回復する。

 

Vジャンプ(2016年3月号) 付属カード VJMP-JP112 Ultra

 

レート:100〜150

 

2016年発売したVジャンプの付録カードで唯一、再録されているカードです(2017年2月7日時点)

ディメンションボックスで再録される前はVジャンプの定価に近い価格で取引されていました。

月光の下級アタッカーで効果もそこそこ優秀なので需要はありましたね。

再録前の相場であれば5位相当ですね。

 

 

第8位!

オシリスの天空竜(2016年5月発売)

 

効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻   ?/守   ?
このカードを通常召喚する場合、3体をリリースして召喚しなければならない。
(1):このカードの召喚は無効化されない。
(2):このカードの召喚成功時には、魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(3):このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の数×1000アップする。
(4):相手モンスターが攻撃表示で召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力を2000ダウンさせ、0になった場合そのモンスターを破壊する。
(5):このカードが特殊召喚されている場合、エンドフェイズに発動する。
このカードを墓地へ送る。

 

Vジャンプ(2016年7月号) 付属カード VJMP-JP116 KC-Rare

 

レート:150〜200

 

映画関連のカードとしては比較的入手しやすい上に、再録カードだったため価格は安いです。

KCレア仕様のこのカードよりも、他の仕様のものの方が人気が高いので仕方ない部分もありますね。

 

 

第7位!

SRパッシングライダー(2016年10月発売)

 

ペンデュラム・効果モンスター
星5/風属性/機械族/攻2200/守2000
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「スピードロイド」チューナー1体を墓地へ送って発動できる。
ターン終了時まで、墓地へ送ったそのモンスターの元々のレベル分だけ
このカードのPスケールを上げる、または下げる(最小1まで)。
【モンスター効果】
「SRパッシングライダー」の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):お互いのフィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがアドバンス召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル4以下の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「スピードロイド」モンスターを攻撃対象に選択できない。

 

Vジャンプ(2016年12月号) 付属カード VJMP-JP123 Ultra

 

レート:150〜200

 

特殊召喚条件は『SRベイゴマックス」と比べると厳しく非常に使いづらいです。

(2)の効果も、効果範囲が多少変わりますが『SRダブルヨーヨー』の方が使いやすくていいですね。

Pスケール変動効果もスピードロイドチューナーのレベルを考えると幅が大きいと言えず、微妙。

SRデッキでもほとんど使われているのを見かけないため、安い印象です。

 

 

第6位!

磁石の戦士δ(2016年8月発売)

 

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1600/守1400
「磁石の戦士δ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
「磁石の戦士δ」以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター3体を
自分の墓地から除外して発動できる。
手札・デッキから「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

Vジャンプ(2016年10月号) 付属カード VJMP-JP121 Ultra

 

レート:350〜400

 

6月に発売した遊戯ストラクの強化カードして注目されました。

磁石の戦士デッキを組む上では必須レベルで効果もそこそ優秀です。

磁石の戦士デッキ自体があまり作られていないため、Vジャンプの定価よりは安いですね。

 

 

第5位!

破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ(2016年12月発売)

 

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
このカードは通常召喚できない。
このカード以外の自分の手札・フィールドのモンスター2体を墓地へ送った場合に特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は除外されているカードの数×300アップする。
(2):1ターンに1度、LPを半分払って発動できる。
自分の墓地の「ガンドラ」モンスターの種類によって以下を適用する。
●1種類:このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
●2種類:このカード以外のフィールドのカードを全て除外する。
●3種類以上:このカード以外のお互いのフィールド・墓地のカードを全て除外する。

 

Vジャンプ(2017年2月号) 付属カード VJMP-JP125 Ultra

 

レート:400

 

効果自体は非常に強力ですね。

現状ではまだサポートも少なく、使いづらい印象がありますね。

ガンドラ関連カードが増えれば注目される可能性も?

 

 

第4位!

オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン(2016年3月発売)

 

ペンデュラム・効果モンスター
星5/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分フィールドの「オッドアイズ」Pモンスター1体を対象とした
相手の効果が発動した場合、そのターンのエンドフェイズに発動する。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚し、
自分のエクストラデッキから「オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン」以外の
表側表示の「オッドアイズ」Pモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、エクストラデッキから特殊召喚された
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

Vジャンプ(2016年5月号) 付属カード VJMP-JP114 Ultra

 

レート:500〜600

 

発売から少ししてオッドアイズ強化の影響で値上がりした時期がありました。

オッドマジェで活躍していました。

この年発売したVジャンプでは唯一、環境で活躍したカードといって良いカードですね。

しかしピーク時でもそこまで高くなく、現在はVジャンプの定価くらいです。

 

 

第3位!

チョコ・マジシャン・ガール(2016年4月発売)

 

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1600/守1000
(1):1ターンに1度、手札から魔法使い族モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):1ターンに1度、このカードが攻撃対象に選択された場合、
「チョコ・マジシャン・ガール」以外の自分の墓地の
魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替え、攻撃モンスターの攻撃力を半分にする。

 

Vジャンプ(2016年6月号) 付属カード VJMP-JP115 KC-Rare

 

レート:600〜700

 

発売前から非常に注目度が高く、Vジャンプが売り切れ続出しましたね。

しかしそこまで高騰するということはなく、定価より少しくらいの価格で推移しています。

主にマジシャンガールデッキで使われており、ブラックマジシャンデッキに使われることも・・・。

イラスト人気は高いようですが、個人的には好きなデザインではないです。(こんなことを言うと怒られちゃいそうですが 笑)

 

 

第2位!

捕食植物ドラゴスタペリア(2016年11月発売)

 

融合・効果モンスター
星8/闇属性/植物族/攻2700/守1900
融合モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに捕食カウンターを1つ置く。
捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手が発動した捕食カウンターが置かれているモンスターの効果は無効化される。

 

Vジャンプ(2017年1月号) 付属カード VJMP-JP124 Ultra

 

レート:700

 

初動は安かったですが、徐々に注目される形で値上がりしているカードです。

捕食植物は少しずつ強化されており、時間の経過とともに絶版のこのカードの需要が上がっていますね。

ファーニマルや月光にも使われています。

効果も優秀ですし、今後の環境の変化で影響を受けそうなカードですね。

今後の動向にも注目ですね。

 

 

そして1位は・・・!

タイトルにつけちゃったのですでにバレバレですね〜。

 

第1位!

幻想の見習い魔導師(2016年9月発売)

 

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
(1):このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。
(3):このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。

 

レート:900〜1000

 

発売前から非常に高い注目度でVジャンプもかなり売れました。

発売からしばらくは650〜700円くらいでしたが、いつの間にかそれよりも高くなっていましたね。

ブラック・マジシャンデッキを組む上では必須カードで非常に使い勝手が良いですね。

 

ちなみに通販では最近になって少しずつ上がってきています。

参考↓

 

ヤフオクやメルカリなどよりも少し高いですね。

 

イラスト人気も高いですし、効果も優秀で需要は高いです。

1000円以上で安定する日が来そうな感じですね。

 

<全カード最新相場一覧>

クリスタル・ドラゴン 50円
沈黙の魔導剣士-サイレント・パラディン 100円
創世の竜騎士 100円
月光紅狐 100〜150円
オシリスの天空竜 150〜200円
SRパッシングライダー 150〜200円
磁石の戦士δ 350〜400円
破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ 400円
オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン 500〜600円
チョコ・マジシャン・ガール 600〜700円
捕食植物ドラゴスタペリア 700円
幻想の見習い魔導師 900〜1000円

 

1年分のVジャンプ付録カードの相場を振り返ってみての感想

2015年以前に発売したVジャンプの付録カードに比べて地味な印象を受けましたね。

Vジャンプ2015年4月号付録は『RR-トリビュート・レイニアス』は初動から定価よりもやや高く、1〜2ヶ月後に一時的とはいえ1000円以上になりましたし、その後の6月号の『慧眼の魔術師』は初動から高く、そして大暴れし1500円くらいまで高騰しました。

それ以前だと現時点で高騰している『アルティマヤ・ツィオルキン』や再録して暴落したとはいえ『ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン』の高騰も凄まじかったです。

 

それらと比較するとやはり地味ですよね。

最近では以前に比べてVジャンプを購入する人も増えたり、発行部数が増えたりといった事情もあり、流通量が増えてる気がしますね。

手に入りやすいという意味ではいいのですが、高騰するカードがあまりないので動向を調べる側としては面白くないですね・・・汗

 

最後に2016年配布の定期購読カードと応募者全員サービスのライバルコレクションのカード相場を簡単にまとめておきます。

 

定期購読&ライバルコレクション収録カード相場

 

<2016年5月号開始一年間定期購読特典>

EMハンサムライガー VJMP-JP118 200〜300

パッチワーク・ファーニマル VJMP-JP119 800〜1000

 

<20th ライバルコレクション 2016年9月号実施応募者全員サービス>

D-HERO デッドリーガイ VP16-JP001 150〜200

レッド・ライジング・ドラゴン VP16-JP002 150〜200

銀河眼の光波刃竜 VP16-JP003 300〜350

魔界劇団-ダンディ・バイプレイヤー VP16-JP004 100〜200

 

 

今回は2016年に発売したVジャンプの付録カード相場をまとめてみました。

長くなりましたので、この辺で。