JUGEMテーマ:遊戯王

 

暗黒界の取引

通常魔法
お互いのプレイヤーはデッキからカードを1枚ドローし、
その後手札を1枚選んで捨てる。

 

 

 

 

 

ストライク・オブ・ネオスで登場した『暗黒界の取引』です。

このカードの相場を調べてみました。

 

↑レリ

 

レリーフは最安値でも900円となっています。(880円のところは送料と手数料が高いので除外)

1週間前に比べて2倍くらいの価格となっています。

 

ノーマルは200円くらい、スーは300円くらいです。

 

 

↑ヤフオク

 

レリは700〜800円くらいで落札されています。

スーは250円が1件、450円で1件ですね。

 

 

↑メルカリ

 

ノーマル 150〜200円くらい

スー 300円くらいですね。

 

これらを考慮すると・・・

ノーマル 150〜200円

スーパー 300円

レリーフ 800円くらい

 

 

この値上がりはコード・オブ・ザ・デュエリストにて『暗黒界の洗脳』が収録される影響です。

 

 

暗黒界の洗脳

 

永続罠
(1):自分の手札が3枚以上存在し、相手モンスターの効果が発動した時、
フィールドの「暗黒界」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、
その相手の効果は「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」となる。

 

これにより必須カードの『暗黒界の取引』の需要が上がっています。

このカードだけではなく、更なる新規カード登場に期待がかかりますね。

 

その他、暗黒界関連カードの需要も上がっています。

簡単にまとめました。

 

暗黒界の龍神 グラファ 150

暗黒界の術師 スノウ 100

暗黒界の門 150

 

価格に関してはそこまで動いていませんが、売れ行きは以前よりも上がっています。

 

買取価格情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買取募集で多いのが、『暗黒界の取引』次点で『暗黒界の門』ですね。

グラファやスノウなども入っているところもありますが、100円くらいが多いです。

 

これらはすべて絶版カードなので、今後の新規カード次第でさらに跳ね上がる可能性もあります。

今後の動向にも注目してみると良いと思います。

 

今回は『暗黒界の取引』の値上がりとその他関連カードについてでした。