JUGEMテーマ:遊戯王

 

大嵐 BE02-JP068 ウルトラレア

通常魔法
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。

 

 

 

 

 

禁止カードの『大嵐』が急に売れ始めています。

特に新ビギナーズエディション2のウルトラレアが人気です。

 

↑ウルトラレア

 

昨日から安いところがどんどん売れていき、最安値でも1300円となっています。

 

↑ヤフオク

 

1000円以上のものがすべて売り切れてしまいました。

一気に需要が上がっています。

 

 

このカードが禁止から制限に戻るという噂による影響で一気に需要が上がりました。

特に希少なウルトラレア、そしてパラレルレアが人気のようですね。

 

この時期になるとこういった風に禁止カードが話題になり、急に高騰することが良くありますね。

今回は『サンダー・ボルト』ではなく、『大嵐』が注目されています。

注目されるきっかけは、おそらく下記のツイートでしょう。

 

 

 

 

 

 

↑のツイートによる影響で『大嵐』が大いに注目されているようです。

ソースがない新規アカウントによる情報ですが、信じている人も多いみたいですね。

 

でもこれはかなり怪しいですね。

 

『大嵐』を制限にして『ハーピィの羽根帚』を禁止にするという流れは理解できますが、20th AP 1stが5月に再販されるのに、このタイミングで禁止にしますかね?

もう発注は取ったからいいやっていう小売りを完全に無視するような改訂もあり得ますが、今それをするのは・・・。

あと『テラ・フォーミング』の制限も恐竜ストラクに入れたばかりですし、このタイミングでの制限指定は考えづらいですね。

他にも色々とツッコミどころがありますが、この辺で。

 

『大嵐』に関してはいつかは制限復帰すると思うので、安ければ買うのもありでしょうね。

ただ1000円以上を出してまで回収する必要はないでしょう。

 

どうなるかは分かりませんが、こんなのもあるんだ程度にとどめておくのが無難でしょうね。

自分が売りたいカードを高騰させるために混乱させているって可能性もあるわけで・・・。

 

『大嵐』が謎の高騰をしているということで調べてみました。

こんな簡単にカードが高騰してしまう遊戯王って本当に面白いですね〜。