JUGEMテーマ:遊戯王

2017年4月から適用のリミットレギュレーションにて規制されたカード、緩和されたカードについて調べてみました。

禁止カードは当然、大暴落しています。

またその他カードはどうなったでしょうか。

早速、見ていきましょう。

 

 

 

 

 

新禁止カード

十二獣ドランシア (無制限⇒禁止)

THE tyrant NEPTUNE (無制限⇒禁止)

十二獣の会局 (無制限⇒禁止)

 

今回、3枚のカードが無制限から一気に禁止カードとなりました。

 

それぞれの相場は・・・

 

十二獣ドランシア ウル&レリ 100 (ピーク時は700〜800円くらい,改訂直前は200円くらい)

十二獣ドランシア シク 300以下? (ピーク時は1500円くらい,改訂直前は800円くらい)

THE tyrant NEPTUNE 400 (ピーク時は2200円くらい, 改訂直前は1300円くらい)

十二獣の会局 30 (ピーク時は350円くらい,改訂直前は100円くらい)

 

禁止カード指定を受けた影響でかなり安くなっていますね。

特に『THE tyrant NEPTUNE』の暴落が凄まじいです。

年末年始で高騰しましたが、それから2ヶ月ほどで大暴落・・・。

 

↑THE tyrant NEPTUNE

 

上記グラフを見ると値動きがすごかったことが良く分かりますね。

 

新制限カード

黒き森のウィッチ (禁止⇒制限)

十二獣モルモラット (無制限⇒制限)

BF-朧影のゴウフウ (無制限⇒制限)

妨げられた壊獣の眠り (無制限⇒制限)

 

黒き森のウィッチのみ緩和で、その他は無制限からの制限カード指定です。

 

それぞれの相場は・・・

 

黒き森のウィッチ ノー&レア 50

十二獣モルモラット 50 (ピーク時は350円くらい,改訂直前は100円くらい)

BF-朧影のゴウフウ 50 (ピーク時および改訂直前は100〜150円くらい)

妨げられた壊獣の眠り 100 (ピーク時および改訂直前は250円くらい)

 

特に高レートなカードはなかったので、規制を受けたカードの被害も大きくないでしょう。

『黒き森のウィッチ』は制限に緩和されますが、エラッタおよびルールブックで新テキがすぐに手に入ることもあって大きく跳ね上がることはありませんでした。

高レアリティが存在しなかったというのも大きいですね。

 

リンク召喚にトークンが使用可能ということでゴウフウが値上がりしましたが、すぐに規制で値下がりしたのがまた面白いですね。

 

 

新準制限カード

E・HERO エアーマン (制限⇒準制限)

終末の騎士 (制限⇒準制限)

妖精伝姫-シラユキ (無制限⇒準制限)

ゴヨウ・ガーディアン (制限⇒準制限)

爆竜剣士イグニスターP (制限⇒準制限)

氷結界の龍 ブリューナク (制限⇒準制限)

炎舞-「天キ」 (制限⇒準制限)

洗脳-ブレインコントロール (制限⇒準制限)

 

妖精伝姫-シラユキのみ無制限から準制限へ規制されましたが、その他は制限から準制限カードへの緩和です。

 

主なカードの相場は・・・

 

E・HERO エアーマン ウル&ゴルシク 150〜200

妖精伝姫-シラユキ 1600 (ピーク時より微減)

氷結界の龍 ブリューナク シク 5500 (特に変動なし)

炎舞-「天キ」 シク 1500 (改訂直前より微増)

 

といったところでしょうか。

 

シラユキは準制限へ・・・となっても特に変動していませんね。

また制限から準制限へ緩和されたカードの値動きも小さいです。

 

ノーマルで低レアリティのカードも多いので特に変動はありませんね。

 

 

新無制限カード

 

アーティファクト-モラルタ (準制限⇒無制限)

聖なる魔術師 (準制限⇒無制限)

DDラミア (準制限⇒無制限)

 

3枚とも準制限からの緩和となります。

 

それぞれの相場は・・・

 

アーティファクト-モラルタ 300

聖なる魔術師 10

DDラミア 150

 

モラルタとラミアが多少値上がりしていますが、ほとんど変動なしとも取れますね。

 

4月から適用のリミットレギュレーションでは規制を受けて値下がりしているカードが大半で、値上がりしているカードはほとんどありませんね。

 

今回は2017年4月から適用のリミットレギュレーションにて直接影響を受けたカードの相場情報でした。