JUGEMテーマ:遊戯王

灰流うらら MACR-JP036 スーパーorシク

 

チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻   0/守1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

 

 

 

 

 

マキシマム・クライシスで登場した【灰流うらら】です。

このカードの相場を調べてみました。

 

 

灰流うららの相場情報

↑スーパー

 

値上がりし続けていますね。

4月ごろは1500円前後で落ち着いていましたが、今では2500円くらいで販売されるのが当たり前になってきました。

 

ちなみにシクは5500円くらいです。

こちらも高いですね。

 

 

買取価格情報

 

 

↑スー2300円、シク5300円、亜シク10000円買取

 

 

↑スー2300円買取

 

 

↑スー2600円買取

 

 

↑スー2500円買取

 

 

上記のように高価買取が非常に多いです。

スーは2100〜2300円くらいのところが多いですが、2500円以上のところもちらほら見かけます。

中には買取UPキャンペーンでさらに上乗せするところもあるので、【灰流うらら】が人気であることが分かりますね。

 

値上がりの理由は?

デッキ投入率が非常に高いからでしょう。

環境デッキへのメイン投入率は100%といっても過言ではなく、【灰流うらら】なしではまともにデッキが組めない状態となっています。

ほとんどのデッキでこのカードを3枚積みするところから構築が始まると考えると、需要がものすごいことが分かりますね。

 

 

また【灰流うらら】が収録されているパックのマキシマム・クライシス(MACR)は品薄状態になっています。

6月下旬ごろに再販されましたが、その分はすでに売り切れているショップが多いようです。

MACRのお取り扱いが減ってきたことも、少なからず値上がりに影響しているでしょうね。

 

このような状況が続く限り、高値を維持しそうですね。

 

 

高レートカードですので、規制に気を付けなければなりませんね。

 

 

規制を警戒する必要がある?

 

2017年10月から適用のリミットレギュレーションにて【増殖するG】が準制限カードとなりました。

これにより同じく手札誘発の【灰流うらら】も後を追う可能性が出てきました。

 

【灰流うらら】は大会上位入賞者のSPYRALデッキにおいて採用率が100%(ほぼ3積み)ですし、HERO、インフェノイド、トリックスターなどでも100%のようです。

この活躍を見ると、危ない気がしますね。

 

ですが、個人的には【灰流うらら】の規制はしない方が良いかなと思っています。

【灰流うらら】自体が悪いのではなく、【灰流うらら】を使わなければいけない環境がいけないわけですし・・・。

同様の理由で【増殖するG】の規制についても良く思っていません。

特殊召喚を多用する環境が良くないだけですし・・・汗

 

とはいえ、メインデッキに手札誘発の割合が多くなる現状は、デッキの構築の幅を狭めていますし、その点については良くないですね。

そういった意味では規制されるのも仕方がないのかもしれません。

 

規制するにしても、ストラクやパックなどで再録してからになるでしょうけど・・・。

 

 

高レートカートですし、持ちすぎにはご注意を!

 

 

【灰流うらら】に関しては、以前からコメント欄で話題にのぼっていました。

記事にするのが遅くなりましたが、調べてまとめさせていただきました。

情報提供者の方々、ありがとうございました。