JUGEMテーマ:遊戯王

決闘者の栄光の闇遊戯編にて
ハーピィの羽根帚が再録されることが決まりました。
それに伴い価格も少しずつ落ち着いてくることが予想されます。

このカードは約10年ぶりの制限復帰となっているため、
そのころの遊戯王を知らない世代も多いのではないでしょうか。
そういう人たちはこのカードの正式名称を間違えていることが多いようです。
私自身もそのころは遊戯王自体にまったく触れていなかったため、
このカードの正式名称が「ハーピィの羽根帚」で
ハーピィの羽根箒」が間違いであることに気付くのが遅れました。

検索エンジンやヤフオクなどで検索するときにハーピィと入れると
真っ先に予測変換で「ハーピィの羽根箒」が出てくるため
気づかないまま検索してしまう人が多いです。
↑のようにそれが正しいと思って検索してる人は
商品検索時も「ハーピィの羽根箒」で検索してきます。
実際に「箒」と「帚」では検索結果に違いが出るので
見つけられやすさに多少違いがあります。

このような商品をオークションで出品するときは
タイトルのつけ方によって売れやすさに大きな違いが生まれます。

※では出品者側はどうすればよいのでしょうか?

答えは簡単です。
両方の検索でヒットするように出品すればいいのです。
非常に上手い出品者がいますのでご紹介します。

⇒参考はこちら

↑のようなタイトルですと「ハーピィの羽根箒」と「ハーピィの羽根帚」
どちらで検索してもこの商品は見つけることができます。
つまりどちらか一方で検索される出品よりも
商品をチェックしてもらえる可能性が高くなります。
そのため他よりも売れやすくなることが分かります。
大事なのはタイトルに「ハーピィの羽根帚」と「箒」の文字を入れることです。

このように出品者は入札者側が商品を見つけやすくなるような
工夫をすることは非常に大切です。
見つけられやすくなればそれだけ売れやすくなりますからね。


最後にこれはおまけですが、
「ハーピィの羽箒」も意外と検索されているようなのです。
これも間違いなのですが、ヤフオクで入札や出品が少ないながらも
あるのでこう検索する人もいるみたいです。
参考までにどうぞ。

⇒ハーピィの羽箒の検索結果はこちら